ジャズ喫茶『佐沼 JAZZ SPOT ELVIN!! カルロス アンドーネ』とは?@Teragishi photo Studio®

Watch No.

 

 

 



◻1986年 宮城県 登米市 佐沼で『JAZZ 喫茶 ELVIN』開業。稼業である生肉店『あんどう』の店舗を改装しELVIN一号店開店。その後、一号店開店から10年目、1996年より現在の場所 にリニューアル OPEN。今年で開業 32周年を迎えた老舗 JAZZ 喫茶である。

◻店主『カルロスアンドーネ』本名 安藤 吉英 年齢不詳。1970年開業、現在『世界一のジャズ喫茶』の異名を持つ 岩手県一関市 JAZZ喫茶 ベイシー店主 菅原正二氏の一番弟子であるとともに、菅原氏の有名諸書『ジャズ喫茶「ベイシー」の選択 ぼくとジムランの酒とバラの日々 (講談社+α文庫)』『聴く鏡』月刊誌『ステレオサウンド』等で頻繁に登場する当人である。渡辺貞夫氏や日野皓正氏、坂田明氏、むろん故カウント ベイシー氏や故エルビン・ジョーンズ氏、その他多くの本場 JZAA musicianに至るまで、数々のライブ企画・運営、音響PAなどを兼任し伝説の名ライブに関与、現在も数々の伝説を更新中である。

◻『JAZZ SPOT ELVIN』の店名は伝説のジャズ ジャイアント故エルビン・ジョーンズ氏により直々に命名を許された由緒正しいJAZZ喫茶である。蛇足だが、一関 『ベイシー』も故カウント ベイシー氏本人から直接命名を許された店名である。『カルロスアンドーネ』を命名したのは坂田明氏だという噂も。


◻JAZZ 喫茶の命でもあるオーディオ機器は、オールダイヤトーンで固められており、ウーハー40cmを筆頭に片側10発以上のユニットから展開されており、我々でさえ本当のところはまるでわからない謎仕様である。アンプは全て真空管で固められており、ターンテーブルはLINN LP12+SME 3009inp+SHURE V-15 Type IIIの組み合わせ。レコードの数はゆうに数万枚(こちらも正確には未確認である)とも言われる。

◻さらに、数々のJAZZ&オーディオ系組織を兼任しており、全国組織『Jazz & Audio World Society 連合組合』また、その分家である『audio sadistic』等の長を務める。近年では業界を震撼させた20世紀最大のスピーカーシステム『ALTEC VOTT A1』を現代に甦らせた張本人でもある。『the ELVIN SOUND MANUFACTURING Co.,』にてオリジナル音響システムの開発・販売や、数々のJAZZ LIVE CD プロジェクトを手がけるなど、精力的活動は年々激化している。

『the ELVIN SOUND MANUFACTURING Co.,』
特集 『JAZZ&オーディオを訪ねて!』

・・・と、僕の知る限りにおいても書ききれないほどの逸話をもち、約半世紀以上、日本のリアルなJAZZをめぐる歴史を築いて来たJAZZ 喫茶 ELVIN。仙台発の人気ナンバーワン情報誌『りらく』2018年10月号 特集『秋、ジャズの音につつまれて』にも掲載されております。https://www.riraku-sendai.co.jp


JAZZ spot ELVIN
宮城県登米市迫町佐沼江合1-10-5
TEL 220-22-8793

カルロス アンドーネ氏 フェイスブック  JAZZ spot ELVIN フェイスブック


当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は硬く禁止させていただきます
2018. Copyright  Teragishi photo Studio® photo by K.Teragishi  All Rights Reserved. THANK YOU FOR YOUR VIEWING ! WE LOOK FORWARD TO SHOOTING YOU!
TERAGISHI PHOTO STUDIO® PHOTO BY K.TERAGISHI®


 Topページへ戻る

ジャズ喫茶『佐沼 JAZZ SPOT ELVIN!! カルロス アンドーネ』とは?@Teragishi photo Studio®」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です