Mcintosh C20


2013年頃より始まりました、当社スタジオの音響システムプロジェクトのために、オーバーフォールを施した1960年代のMcintosh C20です。
jbl-024549

当スタジオでは、VOTTO A2をシネマ音響再現のため設置し、アンプにはALTEC 1570メインスタジオ内ではALTEC 612/604Cの前期型をフライングにて設置しています。そこで問題になるのが音の根幹であるプリアンプの選択です。数々の名機と言われるプリアンプを集め、検証し完璧なる専門家のメンテを施しレコーデングモニターにでも使えるほどのクオリティーを目指しました。そのプロジェクトで集めたプリアンプは多岐にわたり、今回お譲りするC20を始め、マランツ 7 や、ALTEC 1567A など多数です。

長年使いこまれ現場上がりのため外観はビンテージ特有風格があり、作りもものすごく、サイドバックとアルミです。各部、完全にオーバーフォールしてあり、当時のC20の音が再現できております。パーツ類も厳選したものを使ってあり、真空管も全て定数マッチングをとり組み付けてあります。リファレンステストに使ったスピーカーはVOTTO A2・612/604Cの前期型 銀箱・JBL D130+375+075 4346 など多岐にわたります。簡単な音撮りですが動作確認動画を作りましたのでご観覧ください。


Pre=McIntosh C20

Power=McIntosh MC240
Ph.Motor=Linn Sondek LP12+sme 3009inp+SHURE V-15 Type III
Speaker=JBL Viscount

今回、ペアに使いました、MC240も、一緒にお出し致します。http://teragishi.com/mcintosh-mc240/また、今後のメンテナンスなど、ご相談に乗らせていただきます。
当スタジオでは数多くの管球式音響機器のメンテナンスの実績や、ビンテージオーデオセッテングの実績がございますので、末長くお使いいただくことができます。

注:使用にあたり、ご注意いただきたいのは、絶対に玉の差し替えはしないでください。使用球は全て定数のマッチングを取り、測定した上で最良の状態に調整をしています。

c20-024640

ブルーアイズMcintosh なんてまるで子供のように感じられる本物のマッキントーン、艶やかで、キレがあり、コク深い、歴史上最高の音質をお楽しみください。ただ、合わせるスピーカーは年式にあった、コーン紙の軽い、能率の高い15incを使ってください。いまもののぶかぶかなスピーカーでは進化を発揮いたしません。teragishi@gmail,com 

Pre=McIntosh C20
Power=McIntosh MC240
Ph.Motor=Linn Sondek LP12
Speaker=JBL Viscount

このようにTeragishi photo Studio®では、お客様にお送りする場合、丁寧で確実な梱包作業を行っております。特にビンテージと言われる貴重なものは幾重にも梱包財を巻き込み、パーツを保護し、発送事故を未然に防ぐ為ラッピングで仕上げます。梱包用ダンボールも通常のものより厚いものを使用しています。損害保険加入


当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為は硬く禁止させていただきます
2018. Copyright  Teragishi photo Studio® photo by K.Teragishi  All Rights Reserved.

THANK YOU FOR YOUR VIEWING ! WE LOOK FORWARD TO SHOOTING YOU!
TERAGISHI PHOTO STUDIO® PHOTO BY K.TERAGISHI®


 Topページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です